最終更新日:2017年7月18日(火)24時間ご注文受付中

ランキング(直近3ヶ月)

2017年6月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2017年7月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
は定休日・臨時休業日です。
◆ご注文・お問合せは365日・24時間受け付けております。
◆営業時間:9:00-17:30

店長からのメッセージ

立花 シュウイチ

こんにちは。ソムリエ本舗CLASSICO店長の立花です。
おいしいワインにめぐり会うことが、私にとって人生の喜びの一つです。
あなたはご存知でしたか?ワインのおいしさは、コルクを抜く瞬間からはじまることを!優れたソムリエナイフはいつものワインを特別にしてくれます。
シャトーラギオールがあなたのワインライフをより豊かにすることをお約束します!

 

コツさえつかめば簡単、快適。

シャトーラギオールをエレガントに使いこなそう!


ワイン好きの人でもソムリエナイフってあまり使わないみたいですね。 どうもプロのソムリエが使うものというイメージがあるみたいです。 むずかしそう、面倒くさい。普通のワインオープナーで十分っていう感じなのでしょう。
でも実は、コツさえつかめばとっても簡単。慣れればワインオープナーよりも確実で速いのです。 そして何よりいつものワインが、ぐっと美味しく感じられます。

シャトーラギオールを使って、ワインの上手な抜栓方法を解説します。

1. ナイフでキャップシール部分にグルっと切れ目を入れます。


まず手前側半分に切れ目を入れます。
手前半分は親指でキャップシールを押しつけるようにして反時計回りに手首を回転させます。

次にナイフを逆向きに反して奥側にも切れ目を入れます。奥側は人差し指の側面を押しつけるようにして、先ほどとは逆回転(時計回り)で切れ目を入れます。
基本はボトルを回さずに手首の回転だけで切りとります。
慣れないうちはボトルを回して切っても良いですが、手首の回転だけで切る方がスマートですので練習しましょう!。

切れ目を入れる位置ですが、切りとり易く見た目もきれいなのは、写真のように口に近い部分(出っ張りの上)です。
ただこれだとワインを注ぐときにワインがキャップシールの切り口に触れて、キャップシールのカスがグラスに入ってしまうことがあります。ですのでレストランなどでは出っ張りの下の部分から厚めに切り取ることが多いです。

ご家庭でワインを空けるのでしたらどちらでもOKだと思います。気になるようでしたら、ワインを注ぐ前にボトルの口を軽く拭いておけばOKです。

2. ナイフをたたんでかわりにスクリューとレバーを出し、スクリューをコルクの中心に刺します。


中心に刺すのは最初のうちは意外と難しいです。
コツはスクリューをコルクに対して斜め45度ぐらいに傾けて、針先がコルクに真上から刺さるようにすることです。

そして、ゆっくり回しながらスクリューをまっすぐに立てていきます。

スクリューの山が1個残るぐらいまで回します。 全部回しきらないでください。

3. レバーをボトルの口に引っ掛けて、左手でレバーとボトルを一緒に握ります。右手はハンドルを上からつかみます。

よく下からハンドルを握って押し上げる方法を紹介されているのを見かけるのですが 特にシャトーラギオールのような高価なソムリエナイフを使うときは避けてほしいやり方です。
なぜか?
その持ち方だと確かに力は入りやすいのですが、真上に働く力と同時に前方に倒そうとする力も働いてしまいます。 そうすると、コルクを抜いている途中で折れたり、最悪の場合ソムリエナイフのスクリュー部分が曲がったり折れてしまうこともあり得ます。 ハンドルはあくまでも上からしっかりつかんで、真上に引き上げる。これが基本です。

4. 真上にゆっくりと引き上げます。


力任せに抜かないでください。 また前方に押し倒すような動きにならないように注意してください。 イメージとしては真上というよりも、やや手前に引き上げるといった感じでいいかもしれません。

残り数ミリ〜1cmほどになったら、最後は手でコルクを握って、抜いてもかまいません。

コルクをスクリューから抜くには、ソムリエナイフを固定し、コルクを回していきます。

はい、きれいに抜けました!

4. ワインをグラスに注ぎます。


ワインを注ぐ時は、ボトルの胴をつかむのではなく、ボトルの底から指先で支える感じで持ちます。
でも慣れないと、周りにワインをまき散らしますので、無理してやらなくても結構です(笑)

 
Cin! Cin!!

動画を交えながら 店長ブログでもソムリエナイフの使い方を解説しています。ご参考になさってください。

回数を重ねれば、必ず素早く上手に抜けるようになります。
ソムリエナイフなしでは、ワインを開けたくなくなりますよ。
シャトーラギオールならどんなコルク栓でも必ず抜けます。
そして気持ちよくコルクが抜けるとワインがとてもおいしくなります。

皆さんも、シャトーラギオールでどんどんチャレンジしてみてください。

 
ソムリエ本舗CLASSICO 3つの安心

【安心の30日間返金保証】詳しくはこちら
商品到着後30日以内であれば、理由を問わず返品・返金を保証いたします。
※ただし返金はソムリエナイフ本体のみが対象です。ネーム入れ料金や各種手数料は返金の対象となりません。

【安心の100%品質保証】
当店のシャトーラギオールならびにライヨールソムリエナイフはすべて信頼のおける海外代理店より正規品のみを直輸入しております。入荷時に入念に検品を行い、発送前の丁寧な洗浄や磨きを実施しております。
万一、不良品をお届けした場合は、ただちに交換もしくは返金させていただきます。

【安心の1年間保証】
ご購入後1年間は保証対象期間としておりますので、通常使用の範囲内で故障や破損がありましたら修理もしくは交換をさせていただきます。
※故意による破損が見受けられた場合や傷・汚れは保証対象とはなりません。
Topへ